鎌倉区

Pocket

初代の山車は明治27年のものだが、この年に製作したのか買い入れたのかは不明。
現在は越生黒岩町で曳行されている。2代目は大正4年に作られたが、熊谷空襲で焼失してしまった。
現在のものは3代目のものである。

鎌倉区

鎌倉区

 

制作年 費用  初代 明治27年(山車)
 越生黒岩町に125円で譲り現在も曳行。
 2代目 大正4年御大典記念として製作
 昭和20年の大空襲で焼失 
 現在 昭和29年 本体60万円
製作者  現在のもの 岡田屋小林福三郎(弥生町)
大きさ(高さ×幅×長さ)  H4500×W3000×L4580
見返り幕  松に火炎太鼓
彫 刻  福島光治
  ※参考:「熊谷うちわ祭り」 さきたま出版会・新島章夫著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です