筑波区


筑波区に山車が登場したのは、明治35年のことで、鴻巣より購入したものだった。その後、大正5年に新調し昭和35年まで使用。現在の山車は昭和36年に制作したものである。

筑波区

筑波区

 

制作年 費用 昭和36年 250万円 (初代は130円で鴻巣から購入)
製作者 岡田屋小林福三郎・篠笹直広
大きさ(高さ×幅×長さ) H4750×W2770×L4780
見返り幕
人 形 日本武尊 (本庄 米福作)
  ※参考:「熊谷うちわ祭り」 さきたま出版会・新島章夫著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です