第弐本町区

Pocket

うちわ祭に登場したはじめての山車。明治24年に江戸の神田の紺屋が個人所有していたものを本町のお菓子屋中家堂(軍配せんべいで有名)の初代当主、中村藤吉が当時の金額、500円で買い受けたもの。制作は江戸時代、天保年間までさかのぼる熊谷で一番古い山車。昭和43年には熊谷市指定文化財に指定された。

第弐本町区

第弐本町区

 

 

制作年 費用 明治24年 500円 (買いつけ時) 制作は天保年間
製作者 不 明
大きさ(高さ×幅×長さ) H4700×W2200×L4900
見返り幕 火炎太鼓と鶏
人 形 手力男之命 (仲秀英作)
spacer.gifです。 ※参考:「熊谷うちわ祭り」 さきたま出版会・新島章夫著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です