秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ

わくわく鉄道フェスタ

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

5月16日(土) 恒例のわくわく鉄道フェスタが開かれ、大勢の鉄道ファンで賑わった。

小雨の混じる、生憎の天気の中スタートしたわくわく鉄道フェスタ。記念乗車券やSLパレオエクスプレスのヘッドマークなどの鉄道グッズを売るコーナーに長い列ができた。

秩父鉄道わくわく鉄道フェスタ

秩父鉄道わくわく鉄道フェスタ

 

SLパレオエクスプレスには、この日だけのHMとデフレクターに鉄道むすめのステッカーが貼られた。

わくわく鉄道フェスタ仕様のSLパレオエクスプレス

わくわく鉄道フェスタ仕様のSLパレオエクスプレス

 

わくわく鉄道フェスタ仕様のSLパレオエクスプレス

わくわく鉄道フェスタ仕様のSLパレオエクスプレス

今年の車両展示は、この3月に引退したデキ107号とすでに引退しているデキ104号、そしてそれぞれペアとなる、デキ108号とデキ102号が並んだ。

デキ

デキ

デキ107号には、手作りのヘッドマークが取り付けられた。

デキ107号

デキ107号

デキ107号は同型のデキ108号を走らせるためのスペア(部品取り)として残されるそうだ。
1951年に製造されたこの2台は、今年で64歳。人間ならほとんどの人が定年を迎えている歳です。

 

デキ107号

デキ107号

解体が決まったデキ104の車体にはファンらがさよならのメッセージをしたためた。

修理部品として転用されるパーツが取り除かれたあと、スクラップになるそうだ。

デキ104号

デキ104号

少し長くなったので、この続きはまた後ほど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です