Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

根岸家 長屋門と桜 江戸時代の根岸家は名主を務める豪農であり、その面影を残す長屋門の規模は、 幅13間、奥行き3間、屋根棟高10メートルを誇ります。正面左側は剣術道場の 「振武所」として使われ、右側は当時の番頭たちの帳場に使われた部屋が設け られています。建設された時期は寛政年間の頃と伝えられており、敷地の広さは 1,600坪にも及び、土蔵5棟、酒蔵1棟があり、更に庭には私塾の三余堂が建てら れていた事が屋敷見取り図より読み取れます。 根岸家長屋門は、平成22年度に屋根瓦の葺き替えを中心とした修復工事を実施し、 建設当初の面影を取り戻しました。そして、かつて振武所として使われていた 場所に「友山・武香ミュージアム」を開設し、根岸家の歴史を紹介するパネルや、 荒川の洪水に備えて保管されていた木製舟などを展示しています。
根岸家 長屋門と桜
根岸家 長屋門と桜
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索