星川だるま市
星川だるま市
毎年、2月7日に行われる星川だるま市。昔、宿場町であった熊谷では六斎市が開かれ、その年の最初の市を特に初市と呼び、高崎名物のだるまが売られた。およそ400年の歴史があるという。その名残が、このだるま市だが、近年来場者が減り、最近ではだるま業者の数も減ってきた。主催者である、初市奉賛会では、再び活気を取り戻そうと、開催日の見直しやイベントの開催などを検討してゆくとしている。
だるま
だるま